富士登山 7日(←27日のことです 注記)とまりで行ってきました 気がついた注意点

登山バスを降りられた方に聞くと 山頂は雨
吾輩も今回も雨で ご来光は見られませんでした

これは初めてだったのですが 五合目がいちばん展望がよくて
上に行くほど曇り 8合目までは夜景がきれいに見えたものの
夜は雨になってしましました
けふも雨 山頂までは風も強く しんぼうしんぼうの登山となりました
もちろん展望もなく
たいていの方はそのまま下山したやうですが
一部の命知らず?? はお鉢巡り 半周くらいしたようです
 初めてお鉢を周る人は ガスで道が分かりにくくなっているので けふのやうな見通し悪く風の強い日は避けたほうがよいでしょうか

吾輩は神社に行きたかったのと
郵便局に行きたかったので 突風の吹く場所は十分気をつけつつ(剣が峰が向こうに見えるところは つまり風が勢いよく吹き抜けるところ)
画像


画像

  上はそれぞれ2年前 3年前の写真
  晴れたときは右向こうに剣が峰が見えるのですが 強い風が出ると右から左へ強風が吹きます
  この場所とほか数箇所注意
半周して御殿場口から降りました

1 風が強かったので 須走口 ほとんどの方が本6合目で上着を着て
サングラスなどをしました
コンタクトレンズをしていた人は 目にゴミが入って「痛い」の連発吾輩もちょっと痛かったのですが とりあえず眼鏡はせずにそのまま
でも 色つきのサングラスでなくとも 埃よけとして安いゴーグルみたいなものでも、持っていたほうが良かったかも
2 
手袋 吾輩も含め 普段登山しない人は作業用手袋をしていた人が多かったようなのですが
朝は冷えるし 雨が降ったり 霧でも 手が濡れてしまうと 指先が冷たく固くなってしまいます

結局 雨だった下山時は手袋をしないでいたのですが 暖かい昼間は濡れた手袋よりよかったのですが
夜間登山を考えると 本格的な防水 防寒手袋が必要だったかも


山頂郵便局 なんだか「木のハガキはないですか」と聞かれている方が多かった
何かの雑誌に載っていたらしいのだが
平成初期とか、ずっとむかーし はあったような気がするのですが エコ時代になってから?は郵便局ではふつうの紙製のものしか扱っていないです

「山頂銀座」山梨 須走から登ったときの山頂側 の山小屋で木で作られた記念品を売っていて
それに切手を貼って送るのを 郵便局で扱っているやうに誤解されているやうです

※ 山頂銀座(吉田口 須走口の山頂)から山頂郵便局(富士宮口正面 御殿場口からすぐ)は山頂を半周しないといけません
今日のやうな雨風の強い日は 切手代分を払うと、後日山小屋の方が郵便局に出してくれるということもあるらしいのですが いまは登山者も多くなったので。分かりません 要確認です!! (吾輩は関係者ではありませんので)

郵便局では「かもめーるセット」4枚500円 切手とはがき オリジナルシールのセット500円 などなど
何種類かの記念品がありました




山登りねこ、ミケ?60の山頂に立ったオスの三毛猫
日本機関紙出版センター
岡田 裕

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山登りねこ、ミケ?60の山頂に立ったオスの三毛猫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キベベ
2011年08月02日 13:23
山頂からハガキが届きました。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック