Optometrist's manual  およそ100年前の本 公開されているものみつけた

1921年出版ということで、著作権フリーなのでしょうか?
英文です
PDFは古い本をそのまま撮っているので、活字が見にくかったらテキスト版でもダウンロードできます。

http://archive.org/search.php?query=Optometrist%27s%20manual


第1巻と第2巻に分かれています
ドンダースの写真が第1巻の最初に載っていました

なにぶん古い文献なので、関心のある方に・・・
でも。オプトメトリーの発展の歴史もかいま見えて面白さうです

眼鏡屋一年生に教えるみたいに。
瞳孔間距離の測り方も。何通りか、かなり噛み砕いて語っているので。


amazonでも同タイトルの本が出ているのですが。どうやらこれ(か、その後の版)の復刻のようです


※いま眼鏡店のサイトによく出てくるハンフリス法(ただ 言葉の意味するものについては吾輩的に意見もあるが。それは後日)ですが。これは↑の本のよりずっと後になって発表されたものなので。書かれていません。




Optometrist's manual, a treatise on the science and practice of optometry
University of Toronto Libraries
Christian Henry Brown

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Optometrist's manual, a treatise on the science and practice of optometry の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック