横浜経由で帰宅

昨日 音楽を聞いたら。
音楽脳を刺激されたのか?
 「弱くても勝てます」の小田原城徳高校校歌
♪ あー おだわら じょおとーくー われーらーがー ぼこーおー 
 が繰り返し、頭に浮かんできます



昨日に続いて、また東海道線を使うことになるとは思ってもみなかった
今月は沼津にも出かけたし・・・時間取れなくて、日誌には書いてないけど


これから晩ごはん

新幹線は振替輸送に入らないけど。どうしても東海道線などが混んでいたら使うかもしれないけど。
雪の日に、大宮から小田原に帰ったときも在来線でがんばったしねえ


今日中の復旧を目指すとのことだけど、
明日は早起きする いちおう大船経由も考えておこう


でも。いつも小田急の頑張りには感謝しております

  横浜線は町田で下りず、長津田 菊名で乗り換えるヒトが多かったですね
  やはり東神奈川も混雑
  相模線も混雑で大幅に遅れとのアナウンスがありました。
  振替輸送の方が多かったですねえ。
  東海道線も、なかなか座れるまで時間がかかった


・・・・演奏会のあとは、急に日誌へのアクセスが増えたりするのだけど。
そうしたわけでして。更新はまた先に・・・


画像


トンネルを抜けると そこは 鎌倉文学館 でしたの

という
たいへん 萌え な設定なのです!!

「めいツーリスト」なら
 アテンダント めいさま(日誌のトップページ&昨日の日誌参照)が
ガイドしてくださいますのよ


ほんとに 川端くんが住んでいたところに近いのだよねえ


※以下 あとで日誌にまとめ直すけど
せっかく読みにいらした方のために。もうひとつ鎌倉ネタを

先日のホール 最近のホールとちがって、ステージの音がそのまま客席に出るようなので。
ppからffの幅がつくりにくそうに感じました。

良いホール(自治体関係者様すみません)だと、ステージの上で音が響きあって。
ppのときでも十分に聞かせる響きになるのだけど。
そうでないと、ppに音をしぼったときに。響きがなく、和音が(楽しい)和音にならなくなるのではという恐れがあるんですよねえ。ffの響きの豊かさもいまひとるに感じてしまうことも。

でも。客席とステージが近いということは。
舞台演出という意味では、良い効果もあるかも。


このホールで、秋に別の女声合唱団が演奏するチラシをみたのだけど・・・吾輩知人の師匠筋みたいですけれども・・・どんな響きをつくるか。勉強のために、聞いてみたい気がします。


けっきょく いろいろ書いて変奏曲 というよりも組曲になってしまいました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック