クール百音 定期演奏会感想(取り急ぎで

浜風の
歌の調べと和し
吹けば
月も色染む
百代祝うと


昨日の演奏会でしたが、告知の日誌のほうにアクセスがすでに続いているため、取り急ぎで簡単なものをアップしておきます

音の響きそのものに浸って。心ふるわせられ、楽しめ、とても良い時間を過ごさせていただきました


恒例のみんなで歌う”夕焼け小焼け”
今年の”金の星”のピアノの最後の響きは、
今までで最高の輝きに感じました!
三善晃 作曲 夕焼小焼
この曲の終わりはこう弾いてほしい! この方でないと出せない音でしょうね。
田中久美 さんは多彩な響きを使えて”歌詞がなくても音で歌っている”コーラス伴奏者 ピアニストです

シューマンの”はすの花”冒頭の、眠りに誘う低音から 月明かりと変化するところのコーラスとピアノの表情は、クール百音ならではと言えるでしょう

この日が初演という”夜の祈りをささぐれば”でも。そうした音づくりが素敵でした。古谷誠一さんの曲は初めて聴かせていただいたと思うのですが。百音のコーラスの和声が美しく響き、とても気持ちよく聴かれました

第三部のソロも、コーラスと調和され良かったです。
アヴェ・マリアも百音なら当然ではありますが、心に響くものでした。
教会のチャリティコンサートも楽しみです(あとで日程のご案内などアップさせていただきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック