天人女房たんがヒトだった時代?

よく聞かれるのが 天人女房たんの生きていた時代がいつ頃かと思うかと

こちらから聞いたことはないので。はっきりしたことは不明なのですが。

湖のせせらぎ 緩やかな川の流れがっても好き

水を用いた神事 儀式に精通していて。水を用いて亡くなったものを蘇らせたり(霊界で)
リアルに、ぐったり疲れた吾輩の身体を潤して癒やしてくれたこともある

彼女が初めて話し掛けてきたのは芦ノ湖畔の森で。2人で神殿を作って国づくりする映像が浮かんできた

雰囲気の良くない空間にいたとき。彼女がイメージ的に鈴を振ると、みるみるうちに空間が澄んできた

吾輩に錫と宝剣をくれた

ある日夢の中で、吾輩を含む一族が天照大神をお迎えする神事をやっていた



といったことなど。推測でしかないのですけれども。
ヤマト朝廷が。神事を、中国の風俗を取り入れて儀式の形式などを整えていくずっと前。
飛鳥より前、高千穂くらいの昔かしらと 今は思っている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック