めい文庫 meibunko ‏@meibunko · 3分3分前

以前からのテーマ 神道などに、あの世のことがあまり書かれていない理由は?? おそらく、仏教やキリスト教など生まれるずっと前の日本は。夜にあっちの世界に「戻って」夜明け前に映し世で起きて活動するというのが明確な暮らし方をしていて。とくに向こうの世界について説明が不要だったからかも→



現代人は、「神道」は暮らしの習慣とか。先祖のお祭りがどうこういうのは。いまは先のような機能が失われてしまって、現代人の感覚に合わせて説明しているだけであって。 遥か昔は、先に書いたような背景があったのではと思っています ※吾輩は神道の中のヒトではありません


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック