テーマ:音楽

鎌倉市民合唱祭  クール百音(クールモネ)さんも出演

・・・・時間がとれませんので。思いついた順に とりあえず・・・ 休日だと、小田原から大船まで30分前後で着くのですね。思いのほか早かった。 帰りには20日ぶりに海老名のペットショップに寄りましたが。はじめてお会いするチワワもおりました 11/7 追記 「コーラス」タグの日誌に ピーター・セラーズ サイモン・ラトル ベルリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイモン・ラトル ベルリンフィルのモーツアルト コンマス樫本さんが見事 CDより映像で見よう

ネットで ベルリンフィルの演奏会が聴ける デジタルコンサートホール http://www.digitalconcerthall.com/ja 39番 冒頭のティンパニの活躍からはじまり ベルリンフィルの新シーズン開幕にふさわしい印象があります。 (41番では、ティンパニの音はやや控えめになる) 40番 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ の映画のいちばんいいシーンで流れていた音楽 追記 ラトルBPOの境地

 エルガー エニグマ変奏曲より 「ニムロッド」 ずっと前に のだめカンタービレ の映画のいちばんいいシーンで流れていた音楽として紹介         ↓ です   http://wagahai2007.at.webry.info/201202/article_13.html そのときはうpされてなかったのですが。 サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 21世紀にモーツアルトを聴くこと 大船混声さん他のお話はあとで・・

※月曜日に書いたものですが。うpできず。 やっと小田原で接続できました。  まだダンボールに挟まって寝ているので。更新は先になります いよいよ明日 県西へ引越しです  まだ家がちらかってます 日曜日 たぶん今世紀はじめてモツレクを聴きました。 演奏は小編成のオケながらも。 冒頭の チェロとバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)6/2 横浜定期演奏会 胸がアツくなる歌と音楽  (書きかけでごめん)

いやあ。時間と体力の関係で。まだまとまってないのですけれども。 もう一週間になるので。ちょっとうpしておきます。 メモの段階のところもあり。順番もばらばらです。 定期演奏会 ブリテン はじめて聴く曲 ソロのが歌い始める3曲目あたりから。トーンが揃ってきて。 クール百音らしい温かく、表情豊かな響きが聴け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吾輩懐メロ インスブルックよさようなら

この曲は何度聴いても、不思議な郷愁を感じるのですね。 アルプスの麓 富士の麓と、環境に近いところがあるためか。 いや。過去世で住んでたのかもしれない。 youtubeだと、版権のないアップロードも多いし。かといってアマチュアの録音では響きが硬くてテンポも気にいらないし。と思っていたら。最近見つけました。 アカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにラトルの魔笛 放送時間発表  必見 NHkクラシックプレミアムシアター

日誌で何度か紹介していた サイモン・ラトル ベルリンフィルのオペラ「魔笛」 モーツアルト  NHK BSで放送予定発表されました。 ↓ 5月27日(26日深夜) の項参照です http://www.nhk.or.jp/bs/premium/ 5月27日(月)【26日(日)深夜】午前0時20分~午前4時30分 プレミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)さん 第9回定期演奏会 プログラム発表された

追記) 当日券の購入となりましたが。無事に聴きに行くことができました。 6/7に書きかけですが 感想の日誌をうpさせていただきました ご参照くださいませ 6/3にちょっと書かせていただいたのですけれども。 なかなか日誌に書く時間がございません。 http://wagahai2007.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

響き klang(ドイツ語) カラヤンサウンド など

何度も日誌で紹介している本 この本 第8章のカール・ライスター氏との対話 を初めて読んだときから P.126 「響き」が何を意味するか謎で、ずっと気になっていたのですけれども。 http://wagahai2007.at.webry.info/201104/article_8.html の日誌に書いたように、産経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のラトルの「魔笛」はNHKが放送するらしいのですが・・日時未定 (追記あり

ベルリンフィルのツアーブログを読むと、 今回のラトルの「魔笛」はNHKが放送するらしいのですが。 ドイツでは3日に放送するように読めるのだけど。 日本(NHK)では番組表に見つからないので。3日ではないのですかね。 >There are various ways to watch live this Monday o…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラトルが「魔笛」を語る(ちょっとだけ)

   5日前の日誌の続きです ベルリンフィルのツアーブログ http://blog.berliner-philharmoniker.de/ ネット中継される今度の定期演奏会は演奏会形式の演奏ですが。 バーデンバーデン(ザルツブルクではない)のイースター音楽祭では舞台でやるようで、その様子も写真が公開されていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにラトルのモーツアルトが聴ける(魔笛) ベルリンフィル・デジタルコンサートホール

http://www.digitalconcerthall.com/ja/live ベルリン時間4月7日 デジタルコンサートホールでライブ中継 「魔笛 (まてき)」      (日本時間8日の午前1時から) 以前も書いたけど。ラトルが当初EMIに残したBPOとの録音は、 EMIの特色か?弦が金属的に聞こえて。 一方名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追記あり SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中 ・・クオリティ高い

amazonの紹介より >【名古屋・栄の劇場を拠点とするAKB48姉妹グループ、SKE48。その4年分の汗と涙を追いかけたフォト・ドキュメンタリー】 ><企画内容> 結成から4年を迎え「AKB48の姉妹グループ」を超えた活躍を見せるSKE48。その結成初期のエピソードを中心に、成長秘話や葛藤をメンバー証言に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽と風土 風の流れ

メモ 角川SSC新書から 「未完成 大作曲家たちの「謎」を読み解く」という本が出ていました。 吾輩 買ってはいないのですが。マーラーの章で、過去のさまざまな誤解を説き。 マーラーは決して死を悲観していた訳ではない。交響曲第10番(完成版)を聴くと分かる といったことを書かれていて(・・・おおざっぱな書き方ですみません)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉出身の作曲家 武智 由香さんの曲 クール百音演奏

あらためて。関係の方に感謝申し上げます。 吾輩には。 こんど皆様の演奏を聴かれる機会は、 先生の85歳か、88歳の機会になるか。いつになるか分からないですが。 楽しみにしております。 さて。けふも帰宅が遅くなったのですけれども。 忘れないうちにメモしておきます。  すぐ休まないといけないので。メモにて・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)は、やはり最高でした

クール百音 -Choeur Mone- (クールモネ) さんが昨秋にサイトを作られたようです。 http://mone100.net/index.html いままで児島さんから聞く以外に活動予定を知ることができなかったので。ありがたいですね。 何度か、この日誌に演奏のすばらしさを書かせていただいてます。 けふも。やはり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンフィル デジタルコンサートホールの利用 とラトルのベト7

おそらく 数分だけの、コンサートの紹介映像は登録しなくても観られるのかな 1)インタビューなどの無料映像を観るために  利用者登録する(無料ですのでおすすめ) http://www.digitalconcerthall.com/ja/info 「ご利用案内」 文中に小さい字で記されてますが。 「ご利用者登録」をク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトベン ネタその3 やっぱり弓使いが違ってたね

先ほど帰宅 1) 先日取り上げた ラトル指揮の、ベト7の第2楽章 ベルリンフィルのデジタルコンサートホールに、ラトルの前の音楽監督だったアバドのベト7演奏の映像がありました。 吾輩が たいへん気に入った今年のラトルの演奏 比べてみると、     やはりそうだった!! 弦の弓使い(ボウイング)が、アバドとはまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトベン演奏など メモ

1) ベルリンフィル デジタルコンサートホール(有料) http://www.digitalconcerthall.com/ja のラトルの7番 2012/9/23 第1楽章展開部・・・8分くらいのところ、第7はスコア持ってないので・・・ バイオリンとバスが交互に細かい音型と長いのを続けて弾くところ 通常は長いほうが大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン 第9 など 

おすすめ 本の中で、ロジャー・ノリントンがベートーヴェンの演奏法について語る章があります。 たいへん興味深い内容なのですが。 やはり演奏家自身に語らせると フルトヴェングラーより「自分の演奏を聞くのがいちばん」 と言いたくなるようですね。まして、ノリントンは研究を続けている方ですしね。 1) でも。いまに至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大湊音楽隊 観艦式予行

ところで 音楽隊は青森の大湊(おおみなと)音楽隊の方々でした どの艦かは、お楽しみということで内緒にしておきます。 数年前に聴かせていただいた舞鶴音楽隊がとてもすばらしくて、 ソロの方に「舞鶴が飛びぬけてるんですか?」って聞いたところ 「そうではなくて。自衛隊全体のレベルが年々上がってるんだと思います」 とお答えをいただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ) 円覚寺チャリティコンサート その2

http://wagahai2007.at.webry.info/201205/article_28.html                  の続きです 会場の都合もあってか、横一列に並んでの演奏でした 通常 音楽ホールだったら、前後に2列になって演奏することが多いでしょう。 ソプラノとアルトは、互いの音が聞こえ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ) チャリティコンサートin円覚寺 その1

北鎌倉駅を降りた瞬間 緑のかおりに包まれました 開場と同時に円覚寺方丈は満席 外で聴いていた猫(ヒトは入れたようです) いま 鎌倉文学館では「バラまつり」イベントが行われていますhttp://www.kamakurabungaku.com/event/index.html こんどの土日には けふのチャリティーコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スクールライブショー 5月は吹奏楽バトル http://www.nhk.or.jp/sls/ たまたま食事後にチャンネルを回してみたのですが。 楽しい番組でしたね。 まだ3回残っているようですし、埼玉県からも出るようです。 吹奏楽・・・楽器だけではないパフォーマンス・・・という団体競技?なので、それぞれのチームのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイドロス~愛と美の真実  新刊「料理の旅人」 木村俊介 リトル・モア

いや。これはすごい本ですね。料理にかける情熱と工夫と、ビジネスとしてのお金にまつわるお話も書いてますけれども。これも必読でしょう。  三省堂書店海老名店さんの料理本コーナーにて もともとプロ向けの雑誌に連載されたものらしく、「うまくいく飲食店は少ない」という言葉もあり。 1970年代の話として「初電から終電まで 7時から終電ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Berliner Philharmoniker のYouTube動画からご紹介

Berliner Philharmoniker Master Class  の動画はいろいろ出ているのですけれども 日本語字幕のあるのは少ないです しかも、かなりの動画が演奏の部分より解説の話のほうが長いくらいなので。素人が見るには、↑のオーボエの動画はいちばん面白いほうですね。 モーツアルトのオーボエ協奏曲は「のだめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大船混声合唱団 その2 4ヶ国語もやってたの・・

プログラムにチラシが入ってましたね  クール百音(クールモネ) チャリティコンサート  5/20 鎌倉 円覚寺 今回は日本の歌ばかりですね     都合はまだ分からないけど、チケットは早めにとっておこう 児島百代さんの表現を聴くには、このコーラスがいちばんかも。知れない でも今日の。後半の Ave Maria 5曲連続…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉 花見 大船混声合唱団 喫茶店・・・

いま帰ってきました 鎌倉 学生時代は週に何度か通っていた場所なんです。 ひところ、小町通りに俗っぽいお店が多くなってきて。ずっと足が遠のいていたのですが。 一昨年だったか、西鎌倉混声合唱団演奏会のあとに海岸線 ももちゃんの指導されている雪ノ下カトリック教会聖歌隊にお邪魔して、ミサに参加したあとに若宮大路と小町通り …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more