テーマ:音楽

クール百音 定期演奏会感想(取り急ぎで

浜風の 歌の調べと和し 吹けば 月も色染む 百代祝うと 昨日の演奏会でしたが、告知の日誌のほうにアクセスがすでに続いているため、取り急ぎで簡単なものをアップしておきます 音の響きそのものに浸って。心ふるわせられ、楽しめ、とても良い時間を過ごさせていただきました 恒例のみんなで歌う”夕焼け小焼け” 今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポストを読みやすく書き直しました(2011年に書いたものです)

検索してのアクセスが多いためページは変えずに、本文を直しました。 豊島岡女子学園高校コーラス部の演奏に驚き 「Nコン on the Web」 http://wagahai2007.at.webry.info/201111/article_6.html 日誌で2番目にアクセスが多いポストです。 一番目は、期間限定から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラ9 今日も聴く ベルリンフィルの実力はCDに入りきらないのだ

以前も紹介の ハイレゾ音源のベルリンフィルのマラ9  ↓ http://mora.jp/package/43000008/825646328680/ 先日は第3楽章の迫力を書きましたけれども。 いやあ。弱音でのハープ 木管なども 表情がすごく良く聴き取れます 第一楽章の終結なども。 ずっと浸っていたいような、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイレゾとか さっきのツイートのまとめ

※9/26 ブラウザでの試聴はAAC320のみと、Webの下のほうに書かれてました。 ということは、↓の感想は。ラトル以外はハイレゾではなかったのだけど。 デジタル音源化の際の編集効果もあると思うので。いちおう参考までに・・・ moraの試聴(AAC320) カザルスの無伴奏チェロは音のハチキレ感がなくて残念で試聴のみ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンデル 調律 で検索すると

やはり 尋常でない要求があったようですね 修羅場越えて 調律師の思い(新日本海新聞社さん) http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/stage/131030/20131030046.html ピアノの時間 特集より(新潮社さん) http://www.shinchosha.co.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧め クラシックプレミアム18 ベートーヴェン ピアノソナタ(中期)

中身の濃い1枚 1冊 ブックレットの エミール・ギレリスのお話もよかった 演奏も 予想どおり 三曲とも、それぞれのピアニストの個性が活きた、すばらしい演奏でした やはり吾輩好みのスタイルはギレリス なのですが。 最初のグルダの「悲愴」は、グルダらしいノリの生きた演奏 (今回の中では、ちょっと録音が古め …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しめた クラシックプレミアム16 オペラ おすすめ

最初の曲から 耳になじんだメロディーが! パヴァロッティの「女心の歌」 これ、民謡じゃなくてオペラだったのか! 吾輩は、そもそも声楽をあまり聴いてないので・・・ 日誌にいろいろ書いてるわりに、声楽曲は知らないものが多くて。 知人には声楽関係の方のほうが多いのだけどねえ。 とくに、イタリア物は知らないものが多いのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音が2つ聞こえる 鳴る

検索しても 耳鳴りのことは出るのだけど、吾輩現象は出てこないようなので。 10年以上前から書こうかどうしようかと思ってたのだけど。 先日の音楽会で、ライブの場で2度目起こったので書くことにしました。 はじめ起こったのは、前世紀 朝比奈隆さんがブルックナーの9番の演奏をするということではじめて聴きに行ったとき(ここでは東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

以前 日誌で取り上げた ラトルのマタイ受難曲

マタイを演奏するというよりも 信仰告白の舞台 再演時の動画は 一曲だけアップロードされていたようです なかなか見つけられなかったのですけれども 新しくアップされた こちらは 4月にうpされた2013年に再演したときの動画です(抜粋) 2013年再演の映像は YOU TUBEでは 1曲しかアップさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書きかけ クール百音さん演奏会 なじみのある曲をいくつも楽しく

(書きかけ) 第2部からは あ。知ってるこの曲 こんな曲名だったんだ というのがいくつも。 The Rose の編曲は小野さんでした。 ピアノが活きて、コーラスも後半でクール百音らしい響きを生かせたりと。面白かったです。 舞台上で、ソプラノ メゾ アルト が動いて。 それぞれのソロを聴かせてくれるとか。 前回の建長寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜経由で帰宅

昨日 音楽を聞いたら。 音楽脳を刺激されたのか?  「弱くても勝てます」の小田原城徳高校校歌 ♪ あー おだわら じょおとーくー われーらーがー ぼこーおー   が繰り返し、頭に浮かんできます 昨日に続いて、また東海道線を使うことになるとは思ってもみなかった 今月は沼津にも出かけたし・・・時間取れなくて、日誌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上自衛隊チャンネルで 海外のアリーナでの演奏の模様うp  三宅由佳莉さんも着物姿で出演

http://www.youtube.com/watch?v=XEGtOOxsj5U です オスロ スペクトラムというアリーナでの演奏 音楽ホールではできない。大きなステージを生かして 「天地人」では 日本 という形を作ったり。 錨の形を作ったりしてます。 おわりに 三宅由佳莉さんの歌も聴けます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追記)何度も出てくるあの曲が、テーマだった・・・西村雅彦さん主演? TEAM 警視庁特別犯罪捜査本部

西村さんと共演と決まったときに、 シナリオが決まっていたのでしょうか 古畑任三郎より今泉のほうが役者として使えると証明したような もちろん、主役の俳優も 初めから被疑者が特定している構成もパロディらしく ラストの物語も素晴らしいエンディングでした エンドロールに あの曲が流れてもまったく違和感なし いや…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

マーラー 「大地の歌」 3度目でしょうか・・・

・・・この数日の続き 第1楽章のことを書いています でも あれだなあ 「大地の歌」のこれがいちばん! という録音がない というのは以前から言われていますけれども・・・ 演奏様式だけでなく。 楽器そのものが美しく聞こえないと物足りないんですよねえ この曲は で。あらためて思うのが・・・まず聴いて、 「大地の歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

teamHojo けふも本丸公園で「大地の歌」を聴く

さあ 忍者が出てきたよ 分かるかな? 吾輩はずっとまえに気が付いてカメラを向けていました 警戒心がまったくないのは。彼がteamHojoだからでしょう。 まっすぐ寄ってきました。 けふは。これ以上のお顔のアップは止めておきましょう ジョーの 菖蒲の見頃はこれからですね けふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原城の本丸でカラヤン マーラー「大地の歌」第一楽章を聴く(携帯プレーヤで) お猿さんもいるよ

いちばん終わりに「よわかて」撮影をぐうぜん見たカキコ なんか ここ数日 帰りに駅からジョーを見ると 呼ばれてる気がしてたのですよねえ そういえば先週 一夜城には行ったけどジョーには、お堀端にも10日くらい行ってなかったかもしれないなあ 朝の 新緑につつまれた姿も美しいけど。出勤前に時間もとれないしなあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

書きかけ 「音楽の進化史」 河出書房新社

これはいい!! マーラーの「大地の歌」の終結を。 未来を明るく見ていると、はっきり書いてくれてます!! 正しい。 書店で手にとって、しっぽがブンブンふるえてきて。 もう本をペロペロしそうになりました。 音楽史の本はいろいろあるけど。 著者は歴史 美術 文化 楽器の進化とからめて書いていて。 特定の作曲家に偏らずに、客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン BPOのモーツアルト 1970 ほか

2世紀にまたがって聴いている愛聴盤 何度か日誌に書いております なかなかCD化されなくて、いままで輸入版を聴いていたのですが。 今回 シリーズの1冊として高音質で聴けることになりました。 (ふつうのCDプレーヤーで聞けます) モーツアルトは、いろんな演奏が発売されていますが。 吾輩のワンワン耳には。 なんといってもゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽コミックでいち推し  ウッドストック 17 (BUNCH COMICS) 浅田 有皆  新潮社 

   「音楽には人を救う力がある」 って まっすぐ言える登場人物を描けるって、すごい。 おすすめ それに。本なので音は書かれてないのだけど。 迫力があって。よーく聴こえるのだよねえ。 不思議な感覚です。 いつも書いているけど。なんで広く読まれないのか不思議。 ロッカーって、コミック読まないの? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J:com小田原で 北條五代祭りの中継をしてたけど・・・

5月3日 五代祭り当日のJoe 御感の藤 これからは横浜より、北條五代祭りでしょうね たくさんの方が、来城されたようです。 小田原の人なら必ずブックマークしている「小田原な日々」さま 今朝 浜降り際の様子をうpしておられました  ↓ http://yummy21.hatenablog.com/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんか 楽しく読まされちゃったよ 「G線上のあなたと私 1」 いくえみ 綾 集英社

さて。ギスギスした職場のお話(ひとつ前に書いたドラマのことですよ!!)のあとは。 ゆるコミックで。   表紙に惹かれました!! すぐに「買う」と決めました あとで気が付いたのですが。主人公が掛けているメガネがグリーン・・・ではないのかな? グレーっぽい? そして、タイトルの「G」も緑色です。 G線だから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クール百音 さん まだ かきかけ

6月18日 に鎌倉で演奏会予定 合唱というと 指揮者ががんばってコーラスをひっぱるという印象があるのですが。 クール百音を聴いていると 曲そのものの楽しさが直接伝わってきて   曲 コーラス ピアノ の3つに素直に感動できる 「(いまは)全員が音大出身」とプログラムに書かれているけれども 歌がうまい という特徴もたしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野書店 ジアン 流鏑馬 クール百音(クールモネ) 歐林洞 魯山人のあと 里山 台 けふの行程

 クール百音さんのことは、別にあらためて書きます 書いたのは電車の中です まだ書きかけ 小田原 高野書店さんに寄る 小田原の書店といったら まずここでしょ!! (古本屋さんですけどね) 松永記念館を建てた 松永翁のコレクショの展覧会を東京国立博物館でした時の目録を入手  たしかにすごい美術品勢ぞろいですね 国宝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/23は横浜に行かれず

お問い合わせいただきましたので・・・・ 日曜日の横浜 チャリティは外せない仕事がありまして、 聴きに行かれませんでした・・・残念でございます 伝統の宗教曲 教会での演奏ということで とくに、それぞれのパートが対位法的に響くところの表現も クールモネさんならでは。 「難しいことをやっている」という聞かせ方でなくて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Soulful Odawara!!(小田原) Nino&Joe with Hammer

  けふは携帯の画像です 小田原セッションに欠かせない パーカッションはハマーだ!! ときに激しく ときにやさしく エナジーをくれるぜ  Oh!島はかすんでいました 続いて 梅が ほころびはじめた ニノ神社 ヴォーカル 「ニノ」の紹介 アツく教育と日本の将来を語ってくれるゼ!! ニノについていき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)さん 2/23 チャリティコンサート開催

http://mone100.net/information.html 日誌でご紹介させていただいている鎌倉のコーラス  クール百音さんの演奏会ご案内です 先日の 「白いうた青いうたフェスティバルin鎌倉」(鎌倉芸術館大ホール)は 吾輩が2013年に聴いた音楽で最高に楽しいものでした。 えーと。この日は・・・仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世代を越えて心をつなぐ音楽会  けふは鎌倉に

翌朝 追記と修正 日誌の「世代を越えて心をつなぐ」というのは、昨日 演奏会を聞いて感じたことだったのですけれども。 朝 検索してみたら、合唱曲のタイトルにそのように付けられていたのですね! ということは、14回続けれこられて、それにふさわしい運営ができているということなのですね。  以下 本文 昨日 大観山は、天気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウッドストック 16巻発売 ますますのってる

パワーが増してますね 以前取り上げた ウッドストックの16巻発売です 今回もライブの様子が描かれてますが。ますます表現の勢いが増してます ふだん日誌で取り上げてるモーツァルトやマーラーとは違う世界ですが。 音楽を語り 音楽を楽しむ姿は一緒です このコミックはもっと評価されていいはずです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末はこれ! サイモン・ラトル バッハ「マタイ受難曲」先月の演奏がデジタルコンサートホールにup

やっと。先日のラトル ベルリンフィル ベルリン放送合唱団 他の バッハ 「マタイ受難曲」がベルリンフィル デジタルコンサートホールにアップされました。  ↑ PCでクリックすると ベルリンフィル デジタル・コンサートホールのサイトに移ります (スマホではとても読み込めません 専用のアプリもあるのですが。無線LANなど、回線がよ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more