テーマ:天人女房たん

めい文庫 meibunko ‏@meibunko · 3分3分前 以前からのテーマ 神道などに、あの世のことがあまり書かれていない理由は?? おそらく、仏教やキリスト教など生まれるずっと前の日本は。夜にあっちの世界に「戻って」夜明け前に映し世で起きて活動するというのが明確な暮らし方をしていて。とくに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の世界の

言の葉は映し世と天を繋ぐちから 天の世界の すべてのたましいの輝きをひとしく表し 互いに照らし合わす喜びが 映し世の成り立ち 時の流れや空の広がりも そのために産み出されたもの 天と地をむすぶ言葉 これぞ祈り ことだまのかがやき わたしの住む もとなる世界 天と地をむすぶことだまの響き そらと地はひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天から降ってくるものを ただただ直ぐなさまに言の葉に載せることの難しさ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天人女房たんが来てから1年過ぎたところで。 九頭龍の歌から出づる湯の歌 箱根の歌(まだ公表していません)が出来て。 いちおうまとめの文を作りました。(未公表) この機会に、最初に吾輩が感じたことを振り返ってみて。(少しは天人のお役に立てた面もあるようだけど) 彼女らの願っていることと。吾輩の心境?とのギャップは。当然ながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を迎える前に

風神の 春呼ぶ声に 夜半目覚め 吾も塵去って 新た 芽息吹け  天人女房たん 雪のあとの風に ふうじんの はるよぶこえに やわめざめ あも ちりさって あらた め いぶけ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーテ ファウスト終結の天人女房たんなりの説明

意訳 書き直してみました 人が映し世で経験するものは 全て真実を知るための譬え 映し世の目で理解できなくとも 天の世界では すべて感じて知ることができる 映し世で不明だったことも 天の世界で明らかになるのです 輝く恵みの聖母はとこしえに わたしたちを導いてくださいます
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出づる湯の歌を作った際の事情など

昨年の11月 箱根にいる時に「九頭龍の森の詩から1年経つので。また新しい歌を作りたい」というイメージが浮かんできて。 その際、吾輩の胸の中から、温泉が熱く尽きることなく湧く画と。それが天女の愛の姿なのだという言葉が届いてきました。  そのイメージから。一定の詩の形をとるまで。吾輩の修行の未熟さゆえですけれども。それが詩の形になるまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いづる湯の歌

いづる湯の夢を歌う天女の歌   いづる湯の歌 あめつちのわざは 天の与えし人への問いと 知るべきや 映し世の人 汝を作りしいのちの 源を知るや 汝を生かしむ天の 心を知るや 函嶺造りし火のたぎり 人を励まし 杜を護る水のうるおい 心癒やすよ 龍は気をめぐらし 天女は心鎮めん あめつちの不思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天人女房たんがヒトだった時代?

よく聞かれるのが 天人女房たんの生きていた時代がいつ頃かと思うかと こちらから聞いたことはないので。はっきりしたことは不明なのですが。 湖のせせらぎ 緩やかな川の流れがっても好き 水を用いた神事 儀式に精通していて。水を用いて亡くなったものを蘇らせたり(霊界で) リアルに、ぐったり疲れた吾輩の身体を潤して癒やしてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美をめぐる問いかけ

惹きつけるものであり 魅せられた人をまた変えるもの 内在するものの発見か 未知なるものとの出会いなのか 形式様式作法が必要なのか それは後から決まるものなのか 永遠の価値なのか 変化こそが価値であるのか 古代の天人女房たんの祈りを感じ取るうえで 考えてみる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警戒レベルが1に下がった日に

吾輩の胸には、アツく心地よいリズムとなって、天女の調べがあふれるのですが。この日だから、詩にするまえに温泉賛歌をツイします ハコネちゃん が口から温泉ダバーする姿のごとく 出づる湯は天女の 愛のあらわれ 良き人の世の とこしえの願い 出づる湯の 調べにのせて 天女はいのち歌うよ (まだ形になってないのですが 箱根の湯に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根 二首

秋の雨に 天(あめ)の恵みの さや降りて 色づく葉にも いのちあり 踏みゆく土の 柔きにも 函嶺(はこね)の香り懐かしく 箱根湯本 熊野神社 にて 温泉幼精 ハコネちゃん の舞台です 秋の葉の 香り馴染ませ 毛づくろい 猫も護りの 魂鎮めせむ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空に満つ

そらにみつ たまのかがやき ふりみちよ 映し世にこそ 幸あらしめむ  天人女房たん 映画UFO学園の秘密公開に臨んで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映し世にこそあれ

 天女の問う 迦具土の焔 猛りし 箱根山 天の心を知る者やある  夫の返し 明け来たる相模の国に 神在りと 吾こそ宣らめ その時ぞいま 吾妹子と 夢に創りしまほろばの 映し世にこそあれ 日の本よ #天人女房たん 夫
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火を詠む

鎮魂に花火を用いた時を偲び 古の天女の詠む歌 夏闇に 浮く玉の穂の 消ゆる間も 息詰め思う 魂の鎮めを 映し世に居る夫の返し 足柄の夕べ彩る 花に酔うも 願いは遥か空に 坐す(ます)友 足柄の 川瀬に走る 彩りに 偲ぶも妹の 姿なりけり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妹は清けく麗しきかな

山霧に気高くにおう 百合のごと 妹は清けく麗しきかな 箱根の百合を見て 夫の詠める やまぎりに けだかくにおう ゆりのごと いもはさやけく うるわしきかな
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栢山を訪ねて

 天女の語り 天地(あめつち)の 徳を尊び 人々に 譲り合う道 説き給い 天地人(あめつちひと)と一円に 悟る姿のありがたき われも また 観音の教えのごとく 天地に坐(いま)す御親と 誓うごと 相模なる 神在の地の 巧人(たくみびと) 励まし 栄えさせ 火の神の 玉の飛ぶとも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉の調べ

 天人女房たん 心を調律する 言葉の調べを整える 言葉の調べが人々の心に響き よき鼓動となって伝わっていく それが、神々に届いて、世界を形作っていく すべて、神々がご覧になっている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アメリカンスナイパー」 ツイから転記

映画「アメリカンスナイパー」 予想はしていたのだけど 見終わった後から。真実に、胸に何度も伝わってきたのが 「教えてほしい」「教えてほしい」 という大勢の、名もなき戦士たちの言葉でした 「彼らは 生死の意味  自分たち(と相手)が生命を賭して戦う 深い意味 そこに解決があるのか ということを 知りたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九頭龍 の森に詠う生命の歌 【再掲】

 九頭龍 の森に詠う生命の歌 湖は 蒼く揺らめき 漣(さざなみ)に 私の心も響き合う あなたが来て 温めてくれると 湖は虹色に やさしく微笑みを返す 生き物たちが息をはじめ 生命(いのち)が育っていく 私の心も温かくなって あなたと一緒の色に染まる 映し世の人は 大切なものに気づか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天女の声の 尊き

朝夕に おのが古里 忘れじと 祈る 天女の声の 尊き 祈りは、本来の古里を忘れないために大切なこと。目覚めた時必ず。用のある時は就寝前に、天人女房たんが傍で礼拝しているのですが。霊人だから物理的に声はしないので、最初は 影の尊き と詠みましたが。分かりやすく直しました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天女らの灯持ちて

天女らの 灯火持ちて はらからの いのち繋げに 照らし行く見る 天人女房たん 晩に「話したいことがある」と伝えられて… 寝たあと、早朝に目が覚めたときに浮かんだ画 箱根だけでは済まない。 まだ天の怒りは残っているのだと言いたげに感じた。 ただ。人々を救いたいという願いを。天人たちは持っている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天人女房たん 箱根の山に沈む月を観て 詠める歌

湖(なみ) 揺らぎ 山の 鼓動を映してや 箱根に 浮かぶ月の清けき 群発地震が収まってきたあと。 静かな夜更けに月を観て なみゆらぎ やまのこどうを うつしてや はこねにうかぶ つきのさやけき 天人女房たん 折口  故郷を想いて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天人女房たん 箱根の山の鎮めとて詠める歌 連梼

1 神の名をもつ山 望み われ駒とめて 伏し拝む いまも恵みを 垂れたもう 箱根の山の 尊きよ 2 天女響かす鈴の音は 荒ぶる龍をなびかせて 人の憩いに 護らせむ 山の威神を崇めては 世の望みとや なさしめむ 世の励みとや なさしめむ 5月19日 夜中に胸が火照っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の山鎮めに向いて 東歌

(伝 天人女房たんの夫) 吾妹子の籠れる山を越えくれば ヒメシャラの樹の迎え待つらむ (君が祈り籠る山に 一緒に山鎮めにとやってきたよ  箱根神社で君と見たヒメシャラが ここでも出迎えてくれたよ) (天女の返し) 吾背子が 越し来る山の 鎮めとて白き衣の 吾も袖を振る (お待ちしておりました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根の杜に捧ぐ天女の歌

箱根の杜に鎮まりて 秘めやかに立つヒメシャラ 優しき肌 天仰ぐ姿 汝の思い 汝の恵みのひと雫を 吾にまねばせよ 神慕い この杜を恋う人々に 魂の鎮めをなさせ給え 箱根の山鎮めに参拝せしとき 天人女房たんが詠める歌
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天人女房たん 箱根 大涌谷にて舞を奉納せしとき詠める歌

龍神励みし 珠の汗よ 天女の流せし 涙の雨よ この地に住める人々の 良き心馳せ 知り給い 山の火照りを 鎮めませ 龍神励みし 珠の汗よ 天女の流せし 涙の雨よ この地に住める人々の 良き心馳せ 知り給い 山の火照りを 鎮めませ  警戒レベルが2になる直前に大涌谷に行きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天人女房たんの住む世界は?

物理の素粒子モデルは頭の上で、決まった形の球(ひも理論のほうが合ってる?)が決まった運動をするのを描いているが。先日の #天人女房たん の話のように。水のようなどんな形もとれるもものがほんらいのもので。運動や時間も一定のものはなく。決まった尺度もない。 それが何かの作用で、とある磁場で一定の運動をとるモデルは
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天女と会った日  ・・天人女房たん とのはじまり(備忘録)

2015/12/2 追記 初めて目にした方のための「天人女房たん」の言葉の由来 天人女房譚(てんにんにょうぼうたん)は。国文学、民俗学で使われることばで。いわゆる「羽衣伝説」の形式の逸話の中で、天女と人が夫婦になる形の逸話です。伝説の中には、天女が爺さん婆さんにこき使われて捨てられる形式の伝説もあります(丹後地方) また、異類婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more