テーマ:コーラス

クール百音 定期演奏会感想(取り急ぎで

浜風の 歌の調べと和し 吹けば 月も色染む 百代祝うと 昨日の演奏会でしたが、告知の日誌のほうにアクセスがすでに続いているため、取り急ぎで簡単なものをアップしておきます 音の響きそのものに浸って。心ふるわせられ、楽しめ、とても良い時間を過ごさせていただきました 恒例のみんなで歌う”夕焼け小焼け” 今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポストを読みやすく書き直しました(2011年に書いたものです)

検索してのアクセスが多いためページは変えずに、本文を直しました。 豊島岡女子学園高校コーラス部の演奏に驚き 「Nコン on the Web」 http://wagahai2007.at.webry.info/201111/article_6.html 日誌で2番目にアクセスが多いポストです。 一番目は、期間限定から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2014/07/daily-chart-4?fsrc=scn/tw/te/dc/hallelujah The economist の記事で ラトビアで世界の聖歌隊のコンクールがあって 73ヶ国460団体27000名参加 トップ100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

以前 日誌で取り上げた ラトルのマタイ受難曲

マタイを演奏するというよりも 信仰告白の舞台 再演時の動画は 一曲だけアップロードされていたようです なかなか見つけられなかったのですけれども 新しくアップされた こちらは 4月にうpされた2013年に再演したときの動画です(抜粋) 2013年再演の映像は YOU TUBEでは 1曲しかアップさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書きかけ クール百音さん演奏会 なじみのある曲をいくつも楽しく

(書きかけ) 第2部からは あ。知ってるこの曲 こんな曲名だったんだ というのがいくつも。 The Rose の編曲は小野さんでした。 ピアノが活きて、コーラスも後半でクール百音らしい響きを生かせたりと。面白かったです。 舞台上で、ソプラノ メゾ アルト が動いて。 それぞれのソロを聴かせてくれるとか。 前回の建長寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音 さん まだ かきかけ

6月18日 に鎌倉で演奏会予定 合唱というと 指揮者ががんばってコーラスをひっぱるという印象があるのですが。 クール百音を聴いていると 曲そのものの楽しさが直接伝わってきて   曲 コーラス ピアノ の3つに素直に感動できる 「(いまは)全員が音大出身」とプログラムに書かれているけれども 歌がうまい という特徴もたしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野書店 ジアン 流鏑馬 クール百音(クールモネ) 歐林洞 魯山人のあと 里山 台 けふの行程

 クール百音さんのことは、別にあらためて書きます 書いたのは電車の中です まだ書きかけ 小田原 高野書店さんに寄る 小田原の書店といったら まずここでしょ!! (古本屋さんですけどね) 松永記念館を建てた 松永翁のコレクショの展覧会を東京国立博物館でした時の目録を入手  たしかにすごい美術品勢ぞろいですね 国宝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)さん 2/23 チャリティコンサート開催

http://mone100.net/information.html 日誌でご紹介させていただいている鎌倉のコーラス  クール百音さんの演奏会ご案内です 先日の 「白いうた青いうたフェスティバルin鎌倉」(鎌倉芸術館大ホール)は 吾輩が2013年に聴いた音楽で最高に楽しいものでした。 えーと。この日は・・・仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世代を越えて心をつなぐ音楽会  けふは鎌倉に

翌朝 追記と修正 日誌の「世代を越えて心をつなぐ」というのは、昨日 演奏会を聞いて感じたことだったのですけれども。 朝 検索してみたら、合唱曲のタイトルにそのように付けられていたのですね! ということは、14回続けれこられて、それにふさわしい運営ができているということなのですね。  以下 本文 昨日 大観山は、天気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末はこれ! サイモン・ラトル バッハ「マタイ受難曲」先月の演奏がデジタルコンサートホールにup

やっと。先日のラトル ベルリンフィル ベルリン放送合唱団 他の バッハ 「マタイ受難曲」がベルリンフィル デジタルコンサートホールにアップされました。  ↑ PCでクリックすると ベルリンフィル デジタル・コンサートホールのサイトに移ります (スマホではとても読み込めません 専用のアプリもあるのですが。無線LANなど、回線がよ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉市民合唱祭  クール百音(クールモネ)さんも出演

・・・・時間がとれませんので。思いついた順に とりあえず・・・ 休日だと、小田原から大船まで30分前後で着くのですね。思いのほか早かった。 帰りには20日ぶりに海老名のペットショップに寄りましたが。はじめてお会いするチワワもおりました 11/7 追記 「コーラス」タグの日誌に ピーター・セラーズ サイモン・ラトル ベルリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)6/2 横浜定期演奏会 胸がアツくなる歌と音楽  (書きかけでごめん)

いやあ。時間と体力の関係で。まだまとまってないのですけれども。 もう一週間になるので。ちょっとうpしておきます。 メモの段階のところもあり。順番もばらばらです。 定期演奏会 ブリテン はじめて聴く曲 ソロのが歌い始める3曲目あたりから。トーンが揃ってきて。 クール百音らしい温かく、表情豊かな響きが聴け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吾輩懐メロ インスブルックよさようなら

この曲は何度聴いても、不思議な郷愁を感じるのですね。 アルプスの麓 富士の麓と、環境に近いところがあるためか。 いや。過去世で住んでたのかもしれない。 youtubeだと、版権のないアップロードも多いし。かといってアマチュアの録音では響きが硬くてテンポも気にいらないし。と思っていたら。最近見つけました。 アカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)さん 第9回定期演奏会 プログラム発表された

追記) 当日券の購入となりましたが。無事に聴きに行くことができました。 6/7に書きかけですが 感想の日誌をうpさせていただきました ご参照くださいませ 6/3にちょっと書かせていただいたのですけれども。 なかなか日誌に書く時間がございません。 http://wagahai2007.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉出身の作曲家 武智 由香さんの曲 クール百音演奏

あらためて。関係の方に感謝申し上げます。 吾輩には。 こんど皆様の演奏を聴かれる機会は、 先生の85歳か、88歳の機会になるか。いつになるか分からないですが。 楽しみにしております。 さて。けふも帰宅が遅くなったのですけれども。 忘れないうちにメモしておきます。  すぐ休まないといけないので。メモにて・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ)は、やはり最高でした

クール百音 -Choeur Mone- (クールモネ) さんが昨秋にサイトを作られたようです。 http://mone100.net/index.html いままで児島さんから聞く以外に活動予定を知ることができなかったので。ありがたいですね。 何度か、この日誌に演奏のすばらしさを書かせていただいてます。 けふも。やはり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン 第9 など 

おすすめ 本の中で、ロジャー・ノリントンがベートーヴェンの演奏法について語る章があります。 たいへん興味深い内容なのですが。 やはり演奏家自身に語らせると フルトヴェングラーより「自分の演奏を聞くのがいちばん」 と言いたくなるようですね。まして、ノリントンは研究を続けている方ですしね。 1) でも。いまに至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ) 円覚寺チャリティコンサート その2

http://wagahai2007.at.webry.info/201205/article_28.html                  の続きです 会場の都合もあってか、横一列に並んでの演奏でした 通常 音楽ホールだったら、前後に2列になって演奏することが多いでしょう。 ソプラノとアルトは、互いの音が聞こえ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クール百音(クールモネ) チャリティコンサートin円覚寺 その1

北鎌倉駅を降りた瞬間 緑のかおりに包まれました 開場と同時に円覚寺方丈は満席 外で聴いていた猫(ヒトは入れたようです) いま 鎌倉文学館では「バラまつり」イベントが行われていますhttp://www.kamakurabungaku.com/event/index.html こんどの土日には けふのチャリティーコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大船混声合唱団 その2 4ヶ国語もやってたの・・

プログラムにチラシが入ってましたね  クール百音(クールモネ) チャリティコンサート  5/20 鎌倉 円覚寺 今回は日本の歌ばかりですね     都合はまだ分からないけど、チケットは早めにとっておこう 児島百代さんの表現を聴くには、このコーラスがいちばんかも。知れない でも今日の。後半の Ave Maria 5曲連続…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉 花見 大船混声合唱団 喫茶店・・・

いま帰ってきました 鎌倉 学生時代は週に何度か通っていた場所なんです。 ひところ、小町通りに俗っぽいお店が多くなってきて。ずっと足が遠のいていたのですが。 一昨年だったか、西鎌倉混声合唱団演奏会のあとに海岸線 ももちゃんの指導されている雪ノ下カトリック教会聖歌隊にお邪魔して、ミサに参加したあとに若宮大路と小町通り …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

豊島岡女子学園 高校コーラス部の演奏に驚き(2015/10追記) 「Nコン on the Web」

2011年度演奏の感想ですけれども。最近の同校の演奏にも同じ印象を持っているため、ポストをそのまま残しています。 こちらが思った以上に、毎年続いてポストにアクセスがあるため。この日誌を初めて読まれる方にも読みやすいようにと、2015年に書き直しました。とくに断りがなければ、2011年の演奏曲のことを言っております。以下、本文です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長らく疑問だった「響き」という言葉 klang

2011年にポストした日誌です 産経新聞にオ-ボエ奏者のエッセイがときどき載るのですが 今年1月30日のは「響き」というタイトルで興味深いものでした 補足:産経さんに掲載された記事がWebからなくなったので、  ↓ のブログをご参照くださいませ。ほぼもと記事の内容が載せられています http://ichir…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more